ウォーゲームの紹介

店長はウォーゲームが好きです。

ウォーゲームって何?という方向けに紹介します。(店長流)

ウォーゲームとは?
使う道具は基本的に2つ。(カードを使う物もある)

1つ目は
戦場を表したマップで、マス目になっていたり、エリアになっていたりする。
ゲームジャーナル39号「真珠湾強襲」↓
20180115_151636.jpg
東南アジアからオーストラリア、太平洋と広い戦場が舞台!!

ゲームジャーナル31号「文禄朝鮮の役」↓
20180115_151745.jpg
日本、朝鮮、明の3国が入り乱れて陣取り合戦!

2つ目は
部隊を模した駒。移動力や戦闘力など様々な能力が書かれています。
↓真珠湾強襲の駒 日米で性能に違いがある。
20180115_152321.jpg


↓文禄朝鮮の役の駒 あのお馴染みの戦国武将から知る人ぞ知る隠れた名将まで登場する。
20180115_152745.jpg



ここまで聞くと将棋に似ていると思われた方もいると思われますが、実際似ています。

違うのは勝利条件
将棋では相手の王を倒すと勝ちですが、ウォーゲームでは倒すだけが勝利ではない物もあります。
例えばとある地点までの到達が目的のもの、守り切るものなど様々です。

テーマもまた様々で、実際の歴史上の戦い(太平洋戦争や文禄・慶長の役など)や架空の戦いなど。(画像貼り付け予定)

戦闘は基本的にサイコロです。
カードを使って自軍を強化したり、相手を弱体化させたり、様々な能力で補完する物もあります。
↓真珠湾強襲のカード。カード名が同じでも、日本と連合軍によって微妙に効果が異なったり、専用カードがあったりする。
20180115_152045.jpg

↓文禄朝鮮の役のカード。日本は奇襲や伏兵など戦国時代を生き抜いた侍の戦術が炸裂!
対する朝鮮・明は救国の英雄や立ち上がる民衆(義兵)などによって対抗する!

20180115_152525.jpg


プレイ時間は?
長い物が多いです。(初プレイで6時間など)
お手軽に出来る物もあります(PACIFIC GOなどは1~2時間)
なのでお手軽に出来るウォーゲームで遊んでみて徐々に長い物で遊んでみるというのがオススメです。

長い物で遊んでみたい!という場合は店長にご相談ください。
三楽堂に置いてあるウォーゲームを店長が解説しながら遊びながら教えます。(持ち込みのウォーゲームには対応できません)

ウォーゲームの魅力
いっぱいあります!!!
まず遊びながら歴史を学ぶ事ができます。実在の武将や部隊、兵器、地名などなど!
「フィリピンってこの辺にあったんだ!」 
「日本は随分と遠い所まで戦いに行ったんだなぁ」 
「戦艦大和って聞いた事ある!」
「釜山って名前は聞いた事あったけどこんなに近かったんだなぁ!」
などなど。実際に、三楽堂に来ている小学校低学年の子もマップを見ながら学んでいました^^

次に戦略戦術を考える事が面白い!
「自分はあの場所を手に入れたいけどその為にはどの部隊を向かわせるのがいいかな?」
「相手からこの拠点を守る為にはどれくらいの戦力が必要だろうか。相手はどれくらいの戦力を投入してくるだろう?」
「勝つためには?→攻撃する為には?→どこを守ってどこを攻める?→いつまでに?」
と、論理的思考相手の立場になって考えるという事が遊んでいるうちに身に付くというおまけつき!!スゴイ!
他にも語り尽くせない程の魅力があるのですが、それを自分なりに見つけるのも面白さの1つなので是非、ウォーゲームで遊んでみてください!そして店長の対戦相手になってください(笑
スポンサーサイト
プロフィール

三楽堂の店長

Author:三楽堂の店長
千葉の八街でひっそりとやっているボードゲームのお店「三楽堂」によるブログです。
Twitterもやっています。@sangakudo

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ボードゲーム

ボードゲーム ウォーシミュレーション 戦略 ストラテジーゲーム 太平洋戦争 タクティクスゲーム 知育ゲーム 重ゲー ウォーゲーム 戦術 歴史 囲碁 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR